D3.js random 使い方

D3で用意されている乱数を生成する関数を紹介します。
メソッドはすべて関数を定義するもので

のように使用します。

一様分布 d3.randomUniform

一様分布に従う乱数を発生させる関数を定義します。
引数で範囲を設定することができ、

のように引数がひとつの場合は0以上引数(6)未満の値が、

のように引数が二つの場合は引数1(1)以上、引数2(5)未満の値が生成されます。

生成例

正規分布 d3.randomNormal

正規分布(ガウス分布)に従う乱数を発生させる関数を定義します。
引数として平均値と標準偏差を設定することができます。 デフォルトは平均値=0、標準偏差=1です。

生成例(デフォルト)

対数正規分布 d3.randomLogNormal

対数正規分布に従う乱数を発生させる関数を定義します。
引数として平均値と標準偏差を設定することができます。 デフォルトは平均値=0、標準偏差=1です。

生成例(デフォルト)

ベイツ分布 d3.randomBates

ベイツ分布に従う乱数を発生させる関数を定義します。

として、分布を決める変数nを設定する必要があります。

生成例(n=10)

アーウィンホール分布 d3.randomIrwinHall

アーウィンホール分布に従う乱数を発生させる関数を定義します。

として、分布を決める変数nを設定する必要があります。

生成例(n=10)

指数分布 d3.randomExponential

指数分布に従う乱数を発生させる関数を定義します。

として、分布を決める変数lambdaを設定する必要があります。

生成例(lambda=40)